予約前に安さで比較したい!海外wifiレンタルのチェックポイント

条件にあてはまるwifiを検討しよう

海外wifiレンタルは価格競争になりがちです。基本的にwifiというものは製品のスペックの差が付きにくいので、他社と同じような品質のものであっても、それをいかに消費者に安く提供するかという戦いになってきます。なので、消費者としても安さで比較して予約するのが良いでしょう。
しかし、さすがに許容できないものというのはあります。明らかに機能というよりは通信制限の仕方や通信できる物理的な範囲に制約がありすぎる場合などには契約しない方が良いです。

いくら価格を抑えるといっても満たしていなければならない条件というのはあるので、そこを満たしたうえでの価格競争であることが前提です。
このような状況なので、業者はいかに顧客を獲得するための広告をだすかという施策を頑張っています。
広告するからには何らかのメリットを提示する必要があるので、各社キャンペーンなどに力を入れています。このキャンペーンの内容も当然のことながら価格が安いということにもっとも消費者は食いつきます。なので、多少無理をしてでもキャンペーンを実施し、顧客を獲得しようとします。
もちろんキャンペーンを恒常的にやるわけではないのですが、顧客の獲得に成功すれば市場での知名度などを獲得することができます。そうすると人間全般そういうとことはありますが、特に日本人は同調する傾向が強いです。なので、キャンペーンによって顧客を獲得すれば芋づる式に顧客獲得ができるという形式です。

適正な価値のあるものを海外旅行へ持って行く

このようなしっかりとした機能を提供することに比べれば、ファッションや芸術は言ったもの勝ちなところがあります。ただの布なのですが、それを物凄く意味が込められているように宣伝したり、落書きのようなものをハイセンスと言ったりします。はっきり言ってなんの根拠もないのですが、人には共感能力があるのでそこをうまく突きます。ブランドなどは明らかに原価に対する価格設定が高すぎますが、それでも人はブランド自体に価値を感じて出費していきます。

最近はネット社会の影響もあり、情報も適正に得られる時代なので、ブランドに出費する人も減っては来ています。希少性の高いものが本当に良いものなのかどうかというと何とも言えないところですし、何に価値を感じるかというのは必ずしも明確な根拠があるわけではないです。本人が良ければそれで良いのですが、よくわからないものに出費するのは日本人に多い傾向ではあります。人の価値観にもよるので正解はないのですが。

格安が予約のポイント!海外wifiレンタルの比較ポイント

価格競争が激しいwifi

海外wifiレンタルは競争が激しいので、いろいろな業者が頑張って格安で提供しようと努力しています。
扱っている商品がwifiなので、それほど機能で差が付きません。回線の引いているところや守備範囲の差はあるのですが、それもだんだんとなくなってきています。

そうなると、マーケティングに特化して勝負していくしかなくなるのです。しかし、消費者も広告が大げさだと買うというわけでもないので、価格で比較されます。もちろん通信制限が多いことや通信できる範囲が狭いなどの明らかなデメリットがあったらマーケティングの前にそっちをなんとかしなければ売れません。
仮に売れたとしても悪評が立つので逆に売ってはいけません。現在はネット上でなんでも完結するのですが、だからこその信用ビジネスがより重要です。

情報が出回るのが早いので、信用できないことをやっているとすぐに拡散されて市場から追い出されることになります。逆に適切な運用をしてそれを発信していけば、レバレッジが効いて拡散し、より売れます。ネットは胡散臭いと言われがちですが、むしろ公正な取引になっているのです。
商品自体は良くてもネットをうまく活用できていないというときに市場で負けるのは当然です。しかし、それをおかしいと言う方がおかしいでしょう。優良なものを作る、それをネットで発信する、という二点が成立して初めてうまくいくように現代はなっています。片方だけだとダメだということです。

キャンペーン情報を見逃さない

しかし、優良なものを作っているだけの人は、売れているものを見てネットで発信しているだけで売れていると思いがちです。
しかし実際にはそんなわけはなくて優良かつネットで発信しているから売れているのです。発信するだけではもちろんダメです。発信する人が少ないために実際にはそこそこのものでも売れたりはするのですが、それは発信してくれないから消費者が入手できないのです。

少し脱線しましたが、wifiを予約する場合は上述の通り価格で見ることになります。そして、各業者は自社に消費者を取り込むために様々なキャンペーンを実施します。日本人はみんな同じが好きという文化があるので、一度取り込んでしまえば芋づる式に取り込めるという考えもあります。
なので、多少無理をしてでもキャンペーンを行い、そこで一気に顧客を獲得しようという戦略を働かせます。消費者としては乗っても良いでしょう。実際に安くなるのだから得です。

料金が比較に!予約者多数の海外wifレンタルは?

差が付きにくいwifi事情

海外wifiレンタルは機能の差が付きにくいです。家電などの技術用品全般に言えることですが、機能自体での差別化が難しいのです。たとえばファッションブランドや芸術品なら根拠のない価格設定ができます。実際は原価も掛かっていないし、大したものでもないのだけれど、有名デザイナーがデザインしたなどの理由で高い料金設定ができたりするのです。他にも高い芸術性があるなどのまったくよくわからない理由であっても人が動いたりするのです。

しかし、家電やwifiに関しては多少のデザイン性があったとしても基本的には実用的な機能性が重視されます。なのでここで差をつけなければならないのが本来のところなのですが、そんなことが可能ならばそれは技術革新が起きています。
なかなか差別化できないので、同一レベルの技術をいかに低コストで実現してそれを低価格で消費者に届けるかという単純競争になってしまうのです。

ファッションなどのように住み分けができないですし、新たな価値観を提唱することも難しいです。極端な話ではiPhoneは革命的な製品です。このようなものは出てくる前に頭の中にあった人は少ないでしょうし、人の価値観を大きく変えました。
ファッションや音楽などはちょっとした価値観の変化などはできますが、ここまでの技術革新レベルのものは不可能です。物凄い斬新なファッションを出したとしてもそれはただの布です。機能性の革新にはまったく歯が立たないでしょう。

必ず比較検討してから予約する

しかし、技術革新は誰にでも起こせるものではないので、wifiも例外なく価格での比較になっているのです。予約を入れる際にはもちろんネットで比較するのですが、口コミや各業者のサイトを見ておいた方が良いです。安くても通信制限があったり通信範囲を網羅していない業者は辞めておいた方が良いでしょう。回線をどこに引いているかというのは業者によって違ったりするので、自分の行動範囲に合ったものが良いです。

通信範囲や通信速度に関しては、随時良くなっていっている業者もあるので、現状だけでなくて過去の状態と今後どうなるかも余裕があれば調べておくと良いです。というのも、物理的に回線を拡大したりすることに力を入れている業者もあれば、マーケティングにばかり力を入れている業者もあるからです。

実際はマーケティングだけやっていて機能性が低いと悪評が立つのですが、自分が契約してから評判が落ちていったら残念でしょう。

空港で予約可能!海外wifiレンタルの比較ポイント

健全なwifi業者

海外wifiレンタルのビジネスは儲かるので、いろいろな業者が参入しています。そして、競争に勝って収益を出していく必要があるので、利用者が確保できそうなところにはこぞって業者が集まってきます。消費者からすれば比較し放題なのでかなり良い状況でしょう。

悪質なサービスを提供するようならネット上やSNSで拡散されて即刻市場から追放されていきます。正確には追放はされないのですが、誰もサービスを購入しなくなるので単純に競争に負けて撤退することになります。ビジネスの基本は信用取引なので、悪質なことをすると必ずはじかれるという例です。昔はそれほどすぐに撤退に追い込まれることもなかったのかもしれませんが、今は上述の通りすぐに情報が流出していくので、本当に健全にやっているのかどうかがすぐにばれます。

ネット化したのでなんとなく相手の顔が見えない無責任なビジネスをやって良いような感じがしますが、変なことをすればネットで拡散するので実はより信用を大事にする必要があります。短期的に多少いんちきビジネスで収益を出す場合もありますが、最近はそれもより通用しなくなっています。これに関しては人からネット上で拡散するというのもありますが、グーグルの検索エンジンからはじき出されるというのもあります。適正なルールに従ってやっていないとネットの中からも抹消されるということです。

空港で簡単予約

そして、空港での予約が可能という話に戻しますが、当然空港はwifiを使いたい人がトップレベルに集まる場所です。その土地のことがよくわからないからネット環境を手に入れたいという旅行者が山ほどいますので、wifiがほしくてたまらない状況です。なので、消費者目線で言うと端末がすべて貸し出されている可能性もあります。海外に行く前から明らかにwifiが必要になることはわかるので、事前に国内からネット予約するなりした方が効率的です。

わざわざ事前に予測の立つ部分を出たとこ勝負みたいにやるのは良い判断とは言えません。海外で特に知らない土地に行く際には事前に知っておいた方が良いことはありますし、準備は必要です。詳細なプランを練る必要はないのですが、現地のことを情報として取り入れておくことが重要です。自分の行動として落とし込む必要はないのですが、知っているということが重要です。よく行ってみないとwからないから準備しないとか言う人がいますが、なんとかなっても時間の無駄です。

予約前に比較検討したい!海外wifiレンタルの注意点

海外wifiレンタルでインターネット接続

海外へ仕事や観光旅行に行く場合、海外wifiレンタルでインターネット接続することが最も手軽で料金も低く抑えられます。wifiレンタルサービスを比較してみても1日380円ほどからレンタル可能で、1日単位の定額設定されていることはメリットです。携帯会社が提供する海外パケット定額が2980円であることと比較しても、非常に格安といえます。

またレンタルする上での金額にはルーターなどの利用する上で必要な機器、充電器なども含まれており、利用者がルーターやSIMカードを揃える手間もありません。一見すると欠点がないように思えますが、注意点は定額であっても使い放題ではありません。このサービスを提供しているさまざまな会社では、目立つ形で定額であることを謳っています。ですので海外でもインターネットをどれだけ使っても良いように感じてしまうでしょう。しかし実際は、利用可能な通信量に制限があります。そのために一定の通信量を超えてしまうと急にネットが重くなったり、最悪な場合はインターネットが利用できなくなります。

SIMカードについて

これはレンタルで提供されているSIMカードは、現地でのネットワークを直接利用している為です。これらのSIMカードには現地でのFair Usage Policyという制限が設けられているからで、当日を含む直近の3日間のパケット通信料が400MB以上を使った時、利用の中断または利用の制限を行うとされます。3日間でtextでのメールは送受信やWebを少し閲覧する・SNSへの投稿ぐらいならば超える心配はありません。ですが動画の閲覧やVolpアプリの利用、OSアップデートなどトラフィックが多くなるサービスを使う場合、400MBを超過する可能性が高いのです。

この問題を解決するには、現地の宿泊の場所や空港・カフェなどで提供されているところの利用することをおすすめします。ほかにも現地でのプリペイドSIMカードを購入して、手間は掛かりますがその都度お金を入れる方法もあります。地域によっては外国人への販売を不可なところもあるので、これも注意点のひとつです。そして意外と知られていませんが、予約日よりも早く受け取りに行くと、手数料がかかってくることもあるので気をつけましょう。通信量の制限を回避するには、場所と利用用途によって使い方を分けることが大切です。