海外wifi

予約前に比較検討したい!海外wifiレンタルの注意点

海外wifiレンタルでインターネット接続

海外へ仕事や観光旅行に行く場合、海外wifiレンタルでインターネット接続することが最も手軽で料金も低く抑えられます。wifiレンタルサービスを比較してみても1日380円ほどからレンタル可能で、1日単位の定額設定されていることはメリットです。携帯会社が提供する海外パケット定額が2980円であることと比較しても、非常に格安といえます。

またレンタルする上での金額にはルーターなどの利用する上で必要な機器、充電器なども含まれており、利用者がルーターやSIMカードを揃える手間もありません。一見すると欠点がないように思えますが、注意点は定額であっても使い放題ではありません。このサービスを提供しているさまざまな会社では、目立つ形で定額であることを謳っています。ですので海外でもインターネットをどれだけ使っても良いように感じてしまうでしょう。しかし実際は、利用可能な通信量に制限があります。そのために一定の通信量を超えてしまうと急にネットが重くなったり、最悪な場合はインターネットが利用できなくなります。

SIMカードについて

これはレンタルで提供されているSIMカードは、現地でのネットワークを直接利用している為です。これらのSIMカードには現地でのFair Usage Policyという制限が設けられているからで、当日を含む直近の3日間のパケット通信料が400MB以上を使った時、利用の中断または利用の制限を行うとされます。3日間でtextでのメールは送受信やWebを少し閲覧する・SNSへの投稿ぐらいならば超える心配はありません。ですが動画の閲覧やVolpアプリの利用、OSアップデートなどトラフィックが多くなるサービスを使う場合、400MBを超過する可能性が高いのです。

この問題を解決するには、現地の宿泊の場所や空港・カフェなどで提供されているところの利用することをおすすめします。ほかにも現地でのプリペイドSIMカードを購入して、手間は掛かりますがその都度お金を入れる方法もあります。地域によっては外国人への販売を不可なところもあるので、これも注意点のひとつです。そして意外と知られていませんが、予約日よりも早く受け取りに行くと、手数料がかかってくることもあるので気をつけましょう。通信量の制限を回避するには、場所と利用用途によって使い方を分けることが大切です。

Follow me!